女性器手術~小陰唇を中心に~

小陰唇(しょういんしん、 labia minora)について

小陰唇のカタチ、みんなと違う? 私のカタチって、変?
カレ氏に変って言われた!などなど不安や悩みを持つ人多いようです。

性器に関する悩みを統計で見てみると、
1位は形が変かも2位くさいかも?3位色が黒い?・・・と続きます。

形というのは、一般的に一番目につく小陰唇の左右差、大きいなどを指します。

パッと見では、構造上みることができません。男性器と違って女性器は見ずらいので、 自分で鏡で見たりしないと外観がわかりません。

ましてや他人の小陰唇はどんなになっているのだろう?となると、 見る機会はほとんどないことでしょう。女性同士でも女性器、小陰唇の話題なんかしたことがないと思います。

だから、1人で悩んでしまうことが多いのですね。

小陰唇を縮小したい理由・頻度

整容的な不満 87%
下着時の不快感 64%
セックス時の不快感 43%

女性器、小陰唇の日常生活の悩み

例えば、スポーツ、自転車に乗るとき、タイトなジーンズを履くときなどに小陰唇が邪魔になるひともいます。

セックス時の悩み

セックスの最中には見た目にも恥ずかしかったりして、 気が散るためにどうもいま一つセックスに夢中になれないひとも少なくないでしょう。

小陰唇が5㎝以上になると、性交時に膣に入り込み不快感を生じることも

小陰唇が大きいことによる、物理的、また心理的な問題というのはほとんど理解されていませんので、 日本ではまだまだ受け入れられる土壌ではなさそうです。

多くの女性が自分の性器を不潔な場所と感じ、そのカタチ(小陰唇)にコンプレックスを持っているひとが 多いとも聞きます。

実際に、女性が自分の性器を眺めるイベントもあるようです。

気のあう女性同士で鏡で自分や他人の性器を観察することで、女性器への理解を深めるのもよいでしょうが、 こんなこと現実的になかなか難しいですよね。

小陰唇を縮小する手術の方法を見る

 

 
Copyright ©jiyugaoka mc clinic.All Rights Reserved.